So-net無料ブログ作成
検索選択
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

松山竜平 [カープ 速報]

カープ2 - 1オリックス 今日の勝ちはデカイ。

   今日の勝ちはめちゃくちゃデカイでしょ。3安打で勝利。福井優也も相手を3安打に抑える大好投でブラボーだが、1-0で負けていた7回まで相手ながら西 勇輝のピッチングが凄すぎ。今日は特に凄かったのかもしれませんが、あんなピッチャー久しぶりに見た。もう甘い球など皆無で、ほぼ構えたところに球がいくし、全て低め。今日の西 勇輝、あれは打てないっすよ。

   自分も含めカープファンの多くが途中までは、今日の西 勇輝の投球見ていて、「今日はしょうがないな」って思っていたことか。やはり野球はこういう事が起こるから面白い。

   ネイト(シアーホルツ)が打ったセンター前も決して甘くなく、ネイトが上手かった。しかもオリックスも焦っているから1点守りたさが裏目に出てセンターが万歳しちゃうというラッキー点。

   同点後の8回に変わった佐藤達也からマッチャん(松山竜平)がカポーン!打った瞬間。決勝HR。

   そして、今日の中崎も素晴らしかった。

   他力本願上等!今日はカープがセリーグで唯一の勝利チーム! 今日はデカイぞ!

   しかし、オリックスも重症っすね。前半のカープの雰囲気そのものって感じ。パリーグでは好きなチームなので頑張って欲しい。


永川勝浩 勝利投手 [カープ 選手]

カープ4- 3オリックス 永川勝浩が勝利投手。

   それにしても野球は不思議です。7回までジョンソンが相変わらずのナイスピッチングを続け、1点差のリードの8回裏頭から登場したのは永川勝浩さん。

   私を含め誰もが嫌な予感がプンプンしたのではないでしょうか?

   案の定・・・2球で同点にされてしまう!カラバイヨにパコーンって京セラドーム5階席まで届く打った瞬間のHR。なんと2球で7回まで踏ん張ったジョンソンの勝ちを消してしまった。それでは終わらず、次のバッターにストライクが入らず相変わらずのフォアボール。この時点で、また競った試合は毎回の逆転負けか・・・と。

   ところが、さすがカープ同様最下位低迷中のオリックスさん。ストライクが入らず苦しむ投手相手に初球から単独スチール失敗。これで自ら流れを絶ってくれた。

   そして、次の回猛打賞の田中広輔がいきなり平野の初球を2塁打し、それがきっかけで得点になった。最終的には永川勝浩さんが勝利投手という結末。ジョンソンめっちゃ可哀相。勝ったは勝ったにしろ、接戦で1点リードで、8回の裏の頭から任せるのが永川勝浩さんしかいない現状のカープ。明らかに苦しいですね。

   今は、打線が良いので7回までに最低でも3点リードが必須目標ですな。田中広輔はカープの理想の1番バッターになりあがった感があります。目指せ高橋慶彦の座。

   最後に・・・石井琢朗さん、昨日はエルドレッドが見ていなかったせいでしょうが、今日の丸への突っ込ませ方は強引過ぎでは?今年2回目ですよ。唯一崇拝しているカープのコーチなんですからお願いします。


リッチアップ 100本増毛0円体験 来店プロモーション

 


黒田博樹 4勝目 [カープ 速報]

カープ6- 3オリックス 黒田博樹、4勝目飾る。

   今日の我らが男気黒田博樹さん、球が高めにいくことが多く決して内容は良くありませんでしたが、ファールを打たせてカウントを稼ぐ粘りのピッチングで4勝目をあげました。さすがは黒田さん、連敗止めをありがとう!

   それにしても、黒田さん2失点で7回3/1を終えた後の相変わらずの中継ぎ陣の怖さ。特にザガースキーと永川さん、4点リードも全く感じず、またガクガクブルブルして見てしまう展開。キツイね~。8回2アウト1・2塁の場面で出てきた永川さん。なんと2ストライク1ボールと追い込んでフォークすっぽ抜けのデッドボールやらかし、満塁にしちゃうんだもん。もう本当に紙一重。1本出てたら今日も逆られてたかも。本当に今の中継ぎは見てらんない。

   ま、今日は勝ったから良しとするしかないですね。4番新井の兄ちゃんと5番のネイト6番のブラッドからは、全く快音響かずで寂しい限りでしたが、菊丸コンビが久しぶりに大活躍で勝利。やっぱりこの菊丸コンビが活躍して勝つとスッキリしますね。嬉しい♪

   ところで、今日の京セラはおもしろかった。カープ女子対オリ姫による、リレー対決や綱引き。良い企画するなぁと感心して見ました。運営努力が見てとれました。そういえばついこの間まで京セラドームっていつもガラガラでしたが、最近は結構埋まってきてますもんね。努力が実りはじめてるのかも。

   最後に感心したのが、負けたのにオリックスのナインは一列に並んで観客席にお礼の挨拶をしてました。ボロ負けしたらさっさとロッカールームに消えてしまうチームはどうかと思う。見習うべき点では!?


野村祐輔 [カープ 速報]

カープ10- 12ロッテ 野村祐輔、フルボッコに打ちこまれる。

   打線は相手より1安打多い16安打放ち10点取っても負け。溜め息しか出てこないわけだが、ここで首脳陣に言いたい!

ふざけるなっ!やる気あんのかっ!

   両チームお互いに1イニングで7得点もした回があった。しかし、カープの7得点は2本のHRが絡んでの7得点。一方のロッテの7得点は繋ぎに繋がれ、運の悪いポテンヒットもあった。しかし、問題なのはこの繋がれに繋がれている7得点を取られるまで、孤独で消沈している祐輔を首脳陣はマウンドで野放し。

   一度さえ、流れを変える為にマウンドにナインを声かけさせるとか、全くのノーリアクション!あれじゃあ監督もコーチも必要無く、選手が勝手にプレイしているだけ。なんかしらのアクションを起こせよ!たまらず梵がチラっと寄っただけじゃねえか。

   フルボッコにされた祐輔も残念でしょうがないが、1点でも最小に防ぎ逆転に向けてあきらめない姿勢を見せて欲しいものだ。結局、2点差まで負いつけたのに・・・。今日は、去年までの追いつけない程度の小さい反撃じゃないぞ!12-3から12-10までもっていたのに・・・

   野手は必死にやってるよ!マジで首脳陣全員に腹がたってしょうがない。


大瀬良大地 [カープ 選手]

カープ4- 8ロッテ 大瀬良大地、打ちこまれる。

カープ11安打のロッテ13安打と乱打戦にて負け。

かみ合わないねぇ。打線に期待感と元気が出てきたと思ったら、投手王国再来を呼び名に前評判の高かったカープが失点がここ最近多い。

大瀬良大地君、フライデーにマエケンと共に合コンを激写されてる場合じゃないよって言いたいけど、そういう年頃だからしょうがないよね。合コンは大きなマスク着用&超厳戒態勢と書かれている。女性と合コンなど山ほどやってもいいので、調整も超厳戒態勢でしっかりとやってナイスピッチングを見せてほしい。ファンは皮肉りたくもなりますから。

しかし、防御率2点台であったザガースキーまで本日やられてもう中継ぎ以降が不安だらけのカープ。と昨日記した矢先に大瀬良大地の5失点はこたえるなぁ"(/へ\*)"))

とりあえず、7回までに5点差くらいないと厳しそうです。しかし、今日もブラッドに一発、丸にも一発、新井の兄ちゃんのタイムリーと、打線元気なので、不可能ではない!!前半戦のピッチャーの頑張りを打線陣がカバー切望。

しかし、話変わりますが今日の始球式は島谷ひとみさん。放送席でCS放送にたくさん映りましたが呉出身のカープファンで34歳。カープ女子って呼べる年齢かは微妙ですが、相変わらずめちゃくちゃキレイでしたね。




おとくケータイ.net


<デジタル週プレBOOK> 島谷ひとみ「大人の癒しと色気」-【電子書籍】

 


交流戦初戦勝利 [カープ 速報]

カープ7- 4ロッテ 交流戦初戦を勝利で突破。

   中継ぎ、抑えは相変わらず超ド不安でありますが、なんとか勝利。涌井とのエース対決に勝ったマエケン4勝目おめでとう。(ちなみにマエケンは1失点のみ)

   それにしても、ここ2試合負けてましたが、面白いゲームになってます。その面白さの原因はなんと言っても1番の広輔の安定感、4番新井の兄ちゃんのフルスイング、5番のネイトのセンス良さ、6番ブラッドの勝負強さ&長打でしょう。

   やはり、期待のできる打線は面白い。今季の初旬は攻撃の回にこんな期待感はなかったからね。しかし打線が揃ってきたが、中継ぎ以降が炎上中。取れる時に1点でも多く取らねば逆られる不安は現在MAXでしょう。ただし、まるで点が取れない打線を見るよりもあきらかに今の方が見ていて面白い。

   更に面白くなる為には菊丸コンビが去年のように3割近くまで打ってくれると、久しぶりに最強打線になると思う。しかし、今日は菊池ちゃんのタイムリーもあり、丸ちゃんのグランドスラムHRありで、良い良い。

   今日の勝ちのポイントもやはり、菊池ちゃんのスーパープレイ。8回2点差のノーアウト2・3塁で、スーパープレイで1アウト取って1点で抑えれた。あれ、菊池ちゃんでないと無理だし、あれセーフにしてたら多分逆転されてた気がします。守備の菊池ちゃんはやっぱ相当な貢献力だわ。

   心配なのは広輔。2回も死球くらった。1球目は右の脇腹、あれ俺だったら多分ろっ骨折れてたと思うわ。2球目は左ひじ近辺、これも強烈な当たり方だった。広輔強いね。あんなのくらって2度とも元気良く出てきた。内角攻めに当たれば当たるだけ踏み込めなくなってきてバンティング落ちるケースあるもんね。それが怖い。さすがに緒方監督もキレてた。当然だ!

   いずれにせよ、交流戦初戦に勝利したのはでかい。


インターネット結婚情報サービス「ブライダルネット」

 


エルドレッド復活 [カープ 速報]

カープ8- 9ヤクルト まさかの逆転負け。

   何にも言えねえΣ( ̄Д ̄;)

   どうなってんだ。今日の流れでまた1点差。これで45試合中、26試合?が1点差でそのほとんどが負け。

   1アウト2・3塁での男新井さんの素晴らしい2塁打に、シアーホルツの更なるタイムリー(マルチ)、とどめがエルドレッドの本日二本目のホームラン。

   これで勝てないのか?

   シーズン前から後ろの弱さは指摘されていたが、中継ぎが崩壊状態。一岡・中田廉・ヒース、復活してくれ。

   確かに、ヤクルト打線は今凄い。昨日今日合わせて30安打以上である。しかし、今日の敗因として私が一番解せないのが、9回表1点リードの2アウト2塁でカープは守護神の中崎。バッターは絶好調の山田哲人。

   ここで、カープ陣営は山田哲人を敬遠した。「えっ?逆転のランナーを出すの?」と私は目を疑ってしまった。それがモロに裏目となり次の打者に2塁打を打たれ逆転を許してしまった。おいおい、中崎は今守護神だろ?しかもプロなんだから勝負しろ!と怒鳴りたくなった。あと1つで勝てていたのに・・・。

   もしかしたら勝負して山田に安打されて同点になったかもしれない。でも、それでも次抑えれば同点止まりで、2度のチャンスがあるじゃないか!同点であればどれだけ本拠地が有利なことか。また、例え山田が絶好調であれ、3割である。そう簡単に毎回ヒットが打てるわけでもない。

   なんか、弱気采配が全てを裏目にしている感が否めない。今日は、トップバッターの田中がノーアウトで2回もツーベースを打っているのだが、二度とも菊池に送りバントで1アウトを献上。確かに点には繋がったが、どちらも1点止まりである。先制して逃げ切れるような福井の今日の状態ではないことが見抜けなかったのか?素人目に制球できていない事がわかる。

   田中と新井さんの安定・シアーホルツの期待感・エルドレッドの怖さ、どれをとっても怖い打線になってきたのだから強気でガンガンいこうよ緒方さん。

 


梵さん 落球 [カープ 速報]

カープ8- 12ヤクルト まさかのジョンソン炎上大敗。

   こんなジョンソンを初めて見た。ジョンソンVS石川というカードで連勝は固いと思っていたが・・・

   制球に苦しむジョンソンをツバメにつけいられた。

   今村の苦しむ中、梵さんが何の難しくもない平凡なフィールド内のサードフライを落球。あれでCS放送のスイッチを切った。しかし、あとから気になり結果を見ると、9回裏に3点追加の追い上げみせるも、大量点差に緊張感なし。

   今日も、2ベースやなんやで2安打以上&ファインプレイもあったが、ベテランの梵さんが凡ミスをやって足を引っ張ったら絶対絶対に勝てないっすよ。結果論ではないと思う。あそこ取ってれば(ていうか普通のサードフライ落球などありえない)、次のバッターは石川でしたから山田に2点タイムリーなどなくチェンジでしたからね。

   あれでもう完全な緊張感の糸は切れました。それを起こしたのがベテランってのがキツイんです。

   言ってもしょうがないですが、吉報を言えば、エルドに1本出た事と、慣れてきたらシアーホルツは本物の予感がプンプンするってところでしょう。


タグ:カープ

菊池ちゃんサヨナラ打~ [カープ 速報]

カープ2- 1ヤクルト 9回裏。菊池ちゃんのサヨナラホームラン!

   いや~、今村君の登板くらいから細目でしか見てられなかった。また1点差でやられるのかっガクガクブルブルって( ̄◇ ̄)

   菊池ちゃんがやってくれたよ。あれ、一球目から完全に狙ってましたね。もうフルスイングっすもん。ま、それが菊池ちゃんの魅力の一つ。今日はまたまた守備でも忍者的ゲッツー見せてくれたし。

   とにもかくにも黒田さんに勝ちがつかなかったのが残念でしょうがない。踏ん張ってたのに・・・。やはりライアン小川はなかなか打たせてくれない、相手ながら凄い投手ですね。

   しかし、金曜日にも関わらず32,000人オーバーのズムスタの赤傘は赤の中にビニールのキラキラが光ってめっちゃキレイで感動しました。

image14.JPG

   今日のポイントは4点でしょう。

   ・新井の兄ちゃんが黒田さんの時には必ず男気バッティングを見せてくれるところ。

   ・山田哲人のタイムリーで野間君がサードへのするどいストライク返球でアウトにしたところ。あそこでアウト取れなかったら多分やられてた。野間君ナイス送球!あなたは今日の陰に隠れた勝ちの立役者です。

   ・永川さんが全く危なげなく3人で抑えた。

   ・菊池ちゃんの狙った一発。

最後に・・・久しぶりに2度も出れて良かったですね。HRガールちゃん!あっ、菊池ちゃんの時は大騒ぎで出れなかったかな?

image13.JPG

   なにはともあれ、久しぶりにめっちゃ爽快でした。酒が美味い・菊池ちゃんありがとう!


カープ 屈辱 [カープ情報]

   日刊ゲンダイにて少し前に「広島は他球団投手陣の“再生工場”」なる記事が書かれていた。

   主な内容は、不調や不運で勝ち星から遠ざかっている投手でも、広島戦なら勝利投手に早変わり。相手からすれば、「再生工場」さながらなのだ。

   そして、そろそろ広島投手陣は打線にブチ切れてもいい。という文言で締めくくられている。

   今では懐かしい記事と言える。打線は当たり始めたからだ。どん底のチーム打率も本日の段階でDenaとタイのリーグ2位。

   しか~し、昨日は先発の大瀬良がまさかの6回に突然崩れ、以降中継ぎ陣が火祭りにあげられた。なんと投打のバランスが噛みあわない事か。先発陣は揃っているカープは、打線は徐々に上がってくるであろうから、いい位置につけれると思っていたが、大瀬良は昨日くらいなので、良しとし、中継ぎ以降に大きな不安要素が露出してしまった。

   いわゆる、勝ちのパターンが全く機能しないと言う事になる。とはいえ、これから夏の時期に向かうにつれ、先発をどこまで引っ張れるかは段々と期待できなくなるわけで、課題が山積みになってきた。

   交流戦が不得意と言われているカープはなんと、交流戦前に単独の最下位。いつもは鯉のぼりの季節まで・・・と呼ばれたチームであるが、逆の意味で鯉のぼりまでは低調、交流戦から蘇ると言う裏切りが欲しい。


タグ:カープ 屈辱