So-net無料ブログ作成
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

カープ 緒方の采配 [カープ情報]

カープ4(13安打) - 10横浜(8安打) 

マエケン2回KO(泣)

こんな大事な時期にベイとの初戦でエースが2回6失点で降板なんて・・・。フォアボールが多かった要因もあるが、今日は安打数で5安打もカープが上であるにも関わらず6点も差をつけられお手上げ。

さて、緒方監督の采配は今に始まったことではないが、今年の混セも異常であるが、それ以上の怪奇現象がカープの成績である。怪奇現象を本日7月末のデータで見てみる。

カープ緒方監督の采配の悪さなのか? or 選手のチキンハートが原因なのか?

カープ怪奇現象7月31日現在)

得失点差(得点から失点を引いた数)・・・ +41点でセリーグダントツに優秀1位(1位の阪神はマイナス77点)

チーム打率・・・.259 セリーグ第2位

チーム防御率・・・ 3.11 セリーグ第2位

ホームラン数・・・ 69本 セリーグ第2位

上位3チーム(阪神・巨人・ヤクルト)との対戦成績 ・・・3チーム全てにおいて勝ち越し

上記の状態で首位に4.5ゲーム差をつけられ借金5の4位。

ちなみにパリーグでぶっちぎり首位のソフトバンクはどうでしょうか?

①得失点差(得点から失点を引いた数)・・・ +113点でパリーグダントツに優秀1位

②チーム打率・・・.270 パリーグ第1位

③チーム防御率・・・ 3.00 パリーグ第1位

④ホームラン数・・・ 83本 パリーグ第2位

⑤全球団において勝ち越し

これで2位の日ハムに7.5ゲーム差をつけて貯金28でもう今季は優勝間違いない程のぶっちぎり首位。

しかし、首位の阪神が得失点差がマイナス77点。打率5位。防御率5位。ホームラン数5位。勝ち越している相手はヤクルトと中日の2チームだけ。こんな事って稀ではないでしょうか?

迷采配と言われている和田監督の方が、よほど優秀な試合運びをおこなっていると言っても過言でないと思います。 勝ち越している相手球団は2チームであるが、苦手球団を作っていない。

要するに、カープの場合、選手は結果を出しているが、試合運びが下手クソであるという明確な数値である。接戦をほとんんど落としているのも選手のチキンハートだけでは片づけられない数値です。イコール、緒方監督の采配が本来の順位をぶち壊していると言っても全く過言ではない。

緒方采配、もう本当にいい加減にしてくれ!シアーホルツの熱中症や新井さんの疲れはわかるが、野間の2番起用も全く機能せず。小窪ちゃんを代打は勿体ないし、バッティングの調子のあがってきていた梵を右投手だからといって木村をスタメンというのも理解しがたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0