So-net無料ブログ作成
検索選択
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

鈴木誠也 野間 [カープ 速報]

カープ2 - 5阪神 競ることなく負け。

勝つ気あんのか!ゴラァッ!!

もう、頭にきてストレスMAX。鈴木誠也を5番なんてどう考えても速すぎるでしょ。

序盤の2-0で負けていた際に、新井の兄ちゃんがノーアウトからツーベース。そこで鈴木誠也君、ランナーを進めることなど頭にないのか?左中間に簡単にフライ。次のチームリーダーの梵はスリーボールワンストライクの完全打者有利のカウントで難しい球を打って内野ゴロ。最終的に新井の兄ちゃんをずっとセカンドにクギ付け状態で0点。

全く、チームで戦ってる雰囲気が見れない。あそこで1点でも取ってれば展開変わるんだって!!阪神の投手陣からしてみたら、一回もプレッシャーなく試合終わったって感じ。

鈴木誠也の中良し野間君も、9回の先頭打者でスンファンのストレートに対し、大振りの振り遅れ三振。

なんかさ、この若い誠也と野間は、チームの事よりも「とにかく打ちたい」「アピールしたい」が全面的に出てて、今のチームの戦力にはなっていないでしょ。彼らがそう思うのはもちろん結構、若いんだし当たって砕けろ!そして目立ってレギュラー掴め!って応援したいが、使う位置や場面や指示が違うでしょ首脳陣さん。これじゃ、逆の相乗効果になっちゃってるっての。

本当に腹がたってしょうがない。5割どころか、最下位が見えてきちゃったよ。

 

 麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0